トップページプロジェクトクラウドファンディング2021

2021年度 一般社団法人食とコミュニケーション研究所と当事者の方とのコラボ
◇「Smileカレンダー2022」◇

今年も挑戦! 失語症の方とのコラボ企画
デスクに癒しの空間を素敵な挿絵のSmileカレンダープロジェクトは12月20日(月)まで!

食やコミュニケーションの障がいを知っていただくために


 食やコミュニケーションの障がいはさまざまです。病気や事故、生まれながらの問題で生じるこれらの障がいは、いつ誰に起こっても不思議ではありません。しかし、これらの障がいの認知度はまだまだ低く、身近に起こらない限り、その問題について気づいたり考えたりする機会はほとんどありません。同じように、その障がいをもつ方のことを正しく理解する機会も少ないのが現状です。
 そこで、食とコミュニケーション研究所では、社会のより多くの方に食やコミュニケーションの障がいを知っていただくために、今年もクラウドファンディングを行うことにしました。これは、昨年実施した際に寄せられた支援者の方々からのコメントに勇気づけられたからに他なりません。これまで知り合うことのなかった方々にクラウドファンディングでSmileカレンダーをご覧いただき、食やコミュニケーション障がいを知るきっかけとしていただけたことは、大きな喜びであり発見でした。


クラウドファンディング プロジェクトページ

今年のカレンダーも挿絵は奥田秋穂さんに!
 2022年のカレンダーの絵も失語症の当事者である奥田秋穂さんにお願いしました。奥田さんは、グラフィックデザイナーとして活躍していた29歳の時、くも膜下出血を発症されました。現在も後遺症により言葉と身体が不自由ですが、グラフィックデザイナーとしての芸術的センスはプロそのものです。また、これに加えて、奥田さんの人柄がそのまま表されたような可憐であたたかさあふれる絵の数々は、見る人を惹きつけ大きな魅力となっています。誰のどんな言葉も敵わないと思えるその絵からは、たくさんの優しさが伝わってきます。そして、失語症である奥田さんの奥深い能力を物語っています。
 私たちは、食やコミュニケーションの専門家として、これまで多くの当事者の方々と出会ってきました。新たな出会いがある度に、当事者の方々の幅広い能力と可能性を社会に知っていただきたいという願いが生まれます。なぜなら、それが、障害の有無にかかわらず共に歩める社会への一歩になると信じているからです。


 クラウドファンディングで得られたご支援は、
 カレンダーの制作費、発送費用とともに、
 奥田さんの絵の購入費用に充てさせていただきます。
 是非、ご支援をお願いいたします。

Copyright © 2020-2021 一般社団法人 食とコミュニケーション研究所 All Rights Reserved. Produce by Web浜松