トップページプロジェクト

 

プロジェクト

エッセイコンテスト

◇第1回食とコミュニケーションエッセイコンテスト(FC-Science Award 2020)

受賞作品発表

 食とコミュニケーション研究所第1回エッセイコンテストに多くのご応募をいただき、誠にありがとうございました。「食」や「コミュニケーション」をテーマに、実際に経験したこと、日頃思っていること、願いなど、当事者・家族・社会が笑顔になれるエッセイを募集いたしましたところ、80点もの作品をご応募いただきました。「食」や「コミュニケーション」について、多くの方にご関心をお寄せいただき、大変ありがたく思っております。

 審査委員会による厳正なる審査の結果、各受賞作品が次のように決定しました。受賞されましたみなさま、おめでとうございます。

 尚、表彰式を大阪市内で開催する予定でございましたが、新型コロナウィルス感染症の感染拡大を鑑み、中止とさせていただくことになりました。受賞されましたみなさまには、正賞と副賞を送らせていただきます。

最優秀賞 ◇ わたしの家族 (一言カイ )
優秀賞 ◇ ごちそうさま ( yukari )
佳作 ◇ 子ども食堂のその先に( 小松崎有美 )
特別賞◇
・ネズミの信仰心 ( オークラ )
・つわり( 三谷聖也 )
・笑顔はコミュニケーションの花( コマクサ )
・父が「かけた」もの( ざきじゅん )
・たのしいはおいしい( 橋本佳奈 )
・無音恐怖症( デコボコ )
・ 『沈黙』というコミュニケーション( 川上里奈 )
・校長先生のお話(ランドセル)

  ※ 受賞作品( 作者 )


第1回食とコミュニケーションエッセイコンテスト審査に寄せて

第1回食とコミュニケーションエッセイコンテスト審査委員会


 一般社団法人 食とコミュニケーション研究所が主催する、第1回食とコミュニケーションエッセイコンテストの審査をする栄誉を頂いた。審査委員会の面々は、ゆくゆく歴史に残る第1回コンテストの審査委員として気持ちを真っ白にして、表現された1つ1つの情景をかみしめながらの審査であった。

 本コンテストは、「食」と「コミュニケーション」にまつわる内容である。実際に経験したこと、日頃思っていること、願いなど、当事者やその家族、社会が笑顔になる作品を募集されたこともあり、すべての作品が人を題材にする作品であった。どれも秀作ぞろいで、それが80遍もあるのだから、審査には相応の時間をかけじっくり吟味し議論しながら行ったことをまずご報告したい。審査の過程で委員は思わず涙したり、吹き出したり、本来の審査ではない光景がそこにあったと聞く。私もこんなに感情を揺さぶられる審査となろうとは予想していなかった。

 秀作ぞろいの作品の中から最優秀賞として「わたしの家族」が栄誉を得た。この作品は、お父さまの他界とお母さまの入院が相まった家族環境の中で、知的障碍を抱える弟と再び一緒に暮らし始めた兄が弁当作りを通じて弟の障碍を理解し本当の家族となっていく様が描かれている。障碍を受け入れられない時期を乗り越え共に生き抜こうとする変化に、思わず「頑張れー!!」と心でエールを送りたくなる作品だ。笑顔と涙が共存する作品だ。優秀賞に輝かれた「ごちそうさま」は、拒食症を患われた娘さんが回復していくきっかけとなる、父娘でおいしい蕎麦を食べるシーンが描かれている。父の心配と気遣い、娘さんの想いと願い、とても胸が熱くなる作品だ。そして、読み終わると自然に蕎麦が食べたくなる。そんな作品でもある。ぜひ一読をお勧めしたい。佳作には「子ども食堂のその先に」が輝かれた。誰もがあったかいものをあったかく食べたい、そんな感情は当たり前だと人は思うだろう。審査委員の私も同じだ。しかし、この作品の舞台である『子ども食堂』には、熱いものを食べたことがない子がいた。なんと衝撃的な作品だと感じた。食事は、栄養を摂るという側面とコミュニケーションの側面がある。皆で会話し、コミュニケーションし、食を楽しむ余裕が生活の中でどんなに重要かつ大切なことかを思い知らせてくれる作品だ。何回読み返しても色あせない、想いのこもった作品である。

 本来は、3作品を選ぶ予定であったが前述のように秀作が多いことから、一般社団法人 食とコミュニケーション研究所には無理を申し「特別賞」として、8作品を選ばせて頂いた。どれも、研究所内にとどめず広く世間の方々に読んで頂きたいと審査委員が願ったからである。公表された要項とは異なるが、審査委員の願いを受け入れて頂ければ幸いである。

 審査委員一同、このような素敵な時間、素晴らしい感動、笑顔あふれる作品に触れることができたことが、私どもの人生をより豊かにしてくれると感謝している。笑顔と共にそっとペンを置く今が一番至福のひと時である。

クラウドファンディング

一般社団法人食とコミュニケーション研究所と当事者の方とのコラボ
◇卓上カレンダーを制作◇
 ことばが不自由な方の可能性をぜひ知ってください

クラウドファンディングへのご支援ありがとうございました

 一般社団法人 食とコミュニケーション研究所では、ただいまクラウドファンディングに挑戦しています。 食やコミュニケーションの障がいとその方々の可能性をより正確に知って頂き、当事者の方への理解や可能性を理解して頂きたいと願っています。 カレンダーのイラストは、失語症の当事者である奥田秋穂さんが1枚1枚丁寧に描いてくださいました。クラウドファンディングでお預かりした資金を、イラストの原稿料やカレンダーの印刷費用などに充てさせていただきます。

 失語症は、脳出血や脳梗塞などで大脳の特定の領域が損傷されることによって起こります。話すこと、聞いて理解すること、読むこと、書くことのすべてにさまざまな障がいが生じ、ことばでのコミュニケーションが難しくなります。症状や重症度はさまざまです。病気の前と同じように自由にコミュニケーションをとれなくなることも多いですが、その方ご自身の内面は変わらず、伝えたいこと、表したい気持ちはたくさんお持ちです。また、病前からの能力の中には、損なわれず活かしたり伸ばしたりできるものもあります。

 脳出血や脳梗塞などの脳卒中では、手足の麻痺やことばの障がいなど後遺症として残ることが多く、わが国の脳卒中後の職業復職率(元の職業に復帰された率)は約45%と報告されています1)。半数以上の方が職業復帰を断念せざるを得ないことがわかります。 一般社団法人食とコミュニケーション研究所では、そういった方々が社会に向けた経済活動を行うことを支援するのも重要なことと捉えています。不自由な面があっても、ひとり一人の能力や特性を活かし、その人らしい経済活動を追求することができる社会です。 まず今回のプロジェクトでは、①ことばが不自由な方がもつ可能性を多くの方に知っていただくこと ②素敵なイラストを描いてくださった奥田さんに原稿料を得ていただくことを目指しています。

 クラウドファンディングのページをご覧いただき、みなさまのお気持ちが一人ひとりの方に勇気と笑顔を差し上げる活動となることを夢見ています。


クラウドファンディング プロジェクトページ

奥田秋穂さんのご紹介
奥田さんは、29歳の時、くも膜下出血を発症しました。グラフィックデザイナーとして活躍していた中での突然の出来事。失語症と高次脳機能障害、利き手である右手に麻痺が残りました。もともと絵が好きだった奥田さん。リハビリテーション病院を退院後、左手で筆を握り、再び描き始めました。
(参考文献)
 1)佐伯 覚, 蜂須賀 明子, 伊藤 英明ら:脳卒中の復職の現状.脳卒中41:411-416,2019

◇スマイルスプーンプロジェクト:SSPJ

毎日おいしく笑顔で食を楽しむ。これを多くの人と分かち合いたい。そんなことをサポートするプロジェクトです。 作文コンクール、おいしいレシピ紹介、窒息へらし隊(皆で嚥下力を確かよう運動)など、いろいろなイベントを通じて皆の輪をひろげましょう。

◇スマイルコミュニケーションプロジェクト:SCPJ

毎日さまざまな人との出会い・コミュニケーション・わかちあう、どれも楽しいひと時ですね。 いつも笑顔でいられるように、みんなで行うプロジェクトです。 コミュニケーションを通じてみんなでしあわせな毎日を過ごしましょう。

Copyright © 2020 一般社団法人 食とコミュニケーション研究所 All Rights Reserved.
Produce by Web浜松