トップページレポートリレーインタビュー患者さんから教わったこと

2022/03/30

患者さんから教わったこと

聖隷クリストファー大学 柴本勇(言語聴覚士)


現在の活動、取り組んでいることは何ですか?

 現在は、聖隷クリストファー大学 大学院 リハビリテーション科学研究科長を仰せつかっています。聖隷クリストファー大学は研究活動が盛んですので、大学院生や大学院教員がより研究活動を行いやすい環境つくりが私の役目と思っています。社会活動として、食とコミュニケーション研究所の代表理事を務めています。私の臨床活動は患者さんから教わったことばかり。それを後世に伝えること、食やコミュニケーションで問題を抱えられた方々やその家族のみなさまの様子を世間に伝えることが、私が担当させて頂いた患者さんへの恩返しと共に使命と思って取り組んでいます。


食とコミュニケーションに関するエピソードをご紹介ください。

 「失語症者の集い」に患者さん方と一緒に参加するために毎年旅をしていました。失語症の患者さん方との楽しい思い出は忘れられません。書き始めたらとまらないほど、たくさんの思い出がありますね。その後、家族と共にアメリカへ留学する際には、失語症の患者さん方の企画で『壮行会』を催してくださいました。どんな異国の地でも家族と共に頑張る力を頂きました。みなさん!! ありがとうございました。


ストレスの解消方法・楽しみにしていることは何ですか?

 音楽を聴くことが好きです。それも本物の音楽。スピーカーもハイスペックにこだわり、実際の方が目の前で奏でてくださっている空間を創り出して、音楽を聴くこと。これは忙しい日々で至福のひと時です。自ら楽器演奏もします。あとは、植物を育てることでしょうか。Dependentなのがいいですね。おかげで、家の中はジャングルに近いかもしれません。大学では、硬式野球部監督です。全日本大学野球連盟所属チームです。大学生と共に1勝にかける本気の戦いも忘れ難いですね。



Copyright © 2020-2022 一般社団法人 食とコミュニケーション研究所 All Rights Reserved. Produce by Web浜松