トップページセミナー・事業案内研修会

セミナー・事業案内

研修会

研修会

対象:一般の方、医療、福祉、教育、保健関係の方。
食やコミュニケーションに関する研修会やセミナーを開催します。 セルチェック方法のセミナーや自己練習方法に関する講習をします。 ベーシック・アドバンス研修会等専門職向けの研修を行います。

一般の方向けセミナー

1.あなたの飲み込み度をチェックしてみよう

(セミナー番号:20-A001)

・開催日時:調整中   開催場所:調整中
・参加費:参加費:1,000円(会員),3,000円(非会員)
・定員:50名
・講師:柴本 勇(言語聴覚士:聖隷クリストファー大学 教授)

対象タイトル内容
・どなたでも結構です. あなたの飲み込み度をチェックしてみよう ・食べることのしくみ
・うまく食べられない(嚥下障害)
・注意したい嚥下障害の症状
・嚥下障害はなぜこわい?
・嚥下障害セルフチェック
・嚥下障害かなと思ったらまずしよう
・のみ込む力を維持するためにできること
ねらい
・食の知識を知る。
・自分の嚥下能力がわかる。
メッセージ
最近よくむせる、のみ込みにくくなったということはありませんか?嚥下機能をセルフチェックし、自身の機能を知りましょう。
一般の方向けセミナー

2.免疫力と食事

(セミナー番号:20-A002)

・開催日時:調整中   開催場所:調整中
・参加費:参加費:1,000円(会員),3,000円(非会員)
・定員:100名
・講師:桒原理江(管理栄養士:認定栄養ケアステーションちょぼ 所長)

対象タイトル内容
・どなたでも結構です. 免疫力と食事 ・免疫とは
・免疫力が低下する時はどんな時?
・免疫力を低下させない食事内容。
・あなたの食事内容を自身でアセスメントしてみよう
ねらい
免疫力を高める食事内容を知る。
メッセージ
感染症は免疫機能と密接な関係があります。 免疫力と食事は密接な関係があります。 免疫力を低下させない食事内容について学びます。
一般の方向けセミナー

3.英語習得法教えます:翻訳機に頼らない脳科学基盤学習法

(セミナー番号:20-A003)

・開催日時:調整中   開催場所:調整中
・参加費:参加費:1,000円(会員),3,000円(非会員)
・定員:100名
・講師:柴本 勇(言語聴覚士:聖隷クリストファー大学 教授)

対象タイトル内容
・どなたでも結構です. 英語習得法教えます:翻訳機に頼らない脳科学基盤学習法 ・英語学習=言語習得
・言語習得の基本理論
・英語の発音・日本語の発音
・まず理解を高めよう
・自分の考えたことを英語で話してみよう
・英語コミュニケーションの基本
ねらい
・ 脳科学に則った理論行う言語学習法を理解する。
メッセージ
グローバル社会の中、英語を習得していることは様々なチャンスを拡げます。 英語習得は言語学習です。 脳科学理論を用いた言語学習法で無理なく習得しましょう。
専門職向けセミナー

1.嚥下障害のための表面筋電バイオフィードバック訓練

(セミナー番号:20-B001)

・開催日時:調整中   開催場所:調整中
・参加費:参加費:1,000円(会員),4,000円(非会員)
・定員:100名
・講師:柴本 勇(言語聴覚士:聖隷クリストファー大学 教授)

対象タイトル内容
・リハビリテーション職種
・看護・介護職
・栄養士 など
嚥下障害のための表面筋電バイオフィードバック訓練 ・嚥下のしくみ
・表面筋電バイオフィードバック訓練
・嚥下障害への応用
・訓練方法(実技)
・プログラム立案とエビデンス
ねらい
・ 嚥下障害のための筋電バイオフィードバック訓練の方法を理解する。
メッセージ
嚥下障害のリハビリテーションとして、表面筋電バイオフィードバック訓練の方法を紹介します。
専門職向けセミナー

2.エンタメリハビリテーションの実際とその効果

(セミナー番号:20-B002)

・開催日時:調整中   開催場所:調整中
・参加費:参加費:1,000円(会員),4,000円(非会員)
・定員:100名
・講師:柴本 勇(言語聴覚士:聖隷クリストファー大学 教授)
    種浦マサオ(歌手:NPO法人 パタカラリハビリエンタテイメントクラブ)

対象タイトル内容
・言語聴覚士
・看護師
・病院・施設管理者など
エンタメリハビリテーションの実際とその効果 ・エンタテイメントとリハビリテーション
・エンタテイメントがコミュニケーション障がい者に与える効果
・エンタメリハの実際(実演)
ねらい
・エンターテインメントがリハビリテーションに与える効果を理解する
メッセージ
エンターテインメントは、リハビリテーションに大きな効果をもたらします。一度体感し、その効果を知りましょう。
その他のセミナー

1.嚥下食で社会貢献を~ともに味わう、ともに楽しむ~

(セミナー番号:20-C001)

・開催日時:調整中   開催場所:調整中
・参加費:参加費:1,000円(会員),4,000円(非会員)
・定員:100名
・講師:柴本 勇(言語聴覚士:聖隷クリストファー大学 教授)

対象タイトル内容
飲食店オーナー、調理師など
嚥下食で社会貢献を~ともに味わう、ともに楽しむ~ ・身近な嚥下障害
・嚥下障害とは
・原因と症状
・当事者の方とご家族の悩みごと
・嚥下食の必要性と考え方
・安全な食事のための視点
・嚥下食普及の現状
・レストランでの実例紹介等
ねらい
・嚥下障害患者は、外食をしたくても出来ないことがある。 家族や友人と食事を楽しみ、生活に潤いを求める当事者やご家族は多い。 飲食店や調理師の方に嚥下食を知ってもらう。
メッセージ
嚥下障害をご存知でしょうか。 病気や加齢によって、食べたり飲みこんだりするのが難しくなる方がおられます。 ご家族や友人と外食し生活を楽しめるように、嚥下食にもなるメニューを加え、社会貢献しませんか? 嚥下障害の方が食べやすい食事の物性などをご紹介します。また、実例をご紹介します。

セミナー・事業案内
研修会・セミナー / オンラインセミナー / サポート事業 / 教育関連事業 / 調査・研究事業 / 製品販売 / パンフレット

Copyright © 2020 一般社団法人 食とコミュニケーション研究所 All Rights Reserved.
Produce by Web浜松