トップページ研究所概要研究組織

研究所概要

研究組織

食とコミュニケーション研究所研究センターの概要

食とコミュニケーション研究所は、食研究センター、コミュニケーション研究センター、横断プロジェクト研究センターの3つのセンターで組織されそれぞれが研究を推進しています。

各研究センターには、主任研究員を配置し研究を推進しています。また、3センターを統括する統括研究員を配置して、3センターの有機的活動を支援しています。

■食研究センター

食と栄養に関する研究を実践します。こどもから高齢者の食に対して、細胞レベルの基礎研究から、疾患や障がいと食事の実践研究、社会・教育システムの研究まで、多層の研究をすすめ、研究成果を社会へと還元します。

■コミュニケーション研究センター

コミュニケーションのあり方、方法、障がい支援に関する研究を実践します。ライフサイクルとコミュニケーションの社会学的研究、脳とことばの神経制御に関する研究、加齢に伴うコミュケーション変化、コミュケーション障がい分析と支援、工学的技術応用、社会・教育システムの研究まで、多角的な研究をすすめ研究成果を社会へと還元します。

■横断プロジェクト研究センター

食とコミュニケーションを横断するプロジェクトを創生し研究を実践します。食とコミュニケーションは、生体・文化・歴史など共有するところが多いです。食とコミュニケーションを横断するプロジェクト、例えば 構音と摂取食物との関係など、他分野横断型の応用研究プロジェクトをすすめ、その成果を社会へと還元します。

研究所概要ごあいさつ 理念 研究組織 活動方針 役員 情報公開

Copyright © 2020 一般社団法人 食とコミュニケーション研究所 All Rights Reserved.
Produce by Web浜松